何をやるにしても『人を巻き込む力』って大事だなと思った話。

うも!

弟のヒロです。

 

先日、あるイベントに参加してきまして

そこで学んだことを今日はアウトプットしたいと思います。

 

茨城県つくば市にあるコワーキングスペース

Tsukuba Place Labにて行われた、

Lab対談vol.1 あたたかな巻き込み力』という対談イベント。

 

参加者は25歳という若さで札幌にて

旅行者向けのゲストハウスwayayuyuを経営されている

staylink代表の3名。そして、

 

ジーンズブランドEVERY DENIMを手掛ける山脇さん、

Tsukuba Place Lab代表の掘下さんの5名。

 

全員20代という若手経営者が集まり

自分のやりたいことのをやっていくために

人を巻き込んでいく重要さについて語ってくれました。

 

最近、人を巻き込めていますか?

(写真左から)Tsukuba Place Lab代表 掘下さん、札幌でゲストハウスwayaとyuyuを運営している合同会社Staylinkの柴田さん、河嶋さん、木村さん、ジーンズブランドEVERY DENIMを手掛ける山脇さんの5名。

北海道の札幌市を中心に多くの外国人旅行者で

賑わうゲストハウスwayaとyuyu。

合同会社staylinkの3名はどのようにして、ゲストハウスを経営するに至ったのか。

そこから対談はスタートします。

 

地元の北海道から東京に出てきて4年目の大学4年生の時、

ふと起業してみようぜということでいろんなサービスを考えて作るも

うまくいかずに挫折。

 

周りがどんどん就職して行く中、

焦りがあったものの、ふとした出会いから

ゲストハウスという存在を知り

卒業後、地元北海道にゲストハウスwayaを建てることを決心。

 

様々な問題はあったものの

地元の方を巻きこみながら、

地域に根付いたゲストハウスが完成していきます。

 

そんなゲストハウスがこちら。

最初に見た時

とっても楽しそう!!!

というのが素直な感想です。

国籍関係なく色んな人たちが毎晩集まり語り合う場となっているようです。

 

そんなゲストハウス作りですが

どうやら、現地の人たちの力を借りながら

試行錯誤を繰り返して完成したようです。

 

どれくらいの人が関わったのかというと

ゲストハウスの完成披露会の際はこれほどの人が来るほど。

13724880_1036302673113502_9034593235500752463_o

すごい人数ですよね!!

町の人たちがたくさん関わって、1つのゲストハウスを完成させたことに

ただただ驚きました。

 

完璧じゃないからこそ応援される

スクリーンショット 2017-01-16 14.07.54

対談の中でヒロがとても印象に残ったのは

「完璧でない方が応援されるんだよ」

という言葉です。

 

人を巻き込むということは

どこか自分自身があれもできる、これもできるって状態で

それぞれの人にしっかりとした指示ができる人が出来ることだと思ってました。

 

でも、この意味は本当のところは違って

ゲストハウスを作る際にも

自分自身の弱さをさらけ出した時に、

こいつらは何か放っておけない、応援したいといろんな人が関わってきたらしいんです。

 

これは自分にとっては大きな気づきで

あぁ、自分もできないことはできないと言っていいんだな

思えるようになりました。

 

まずは自分自身が巻き込む相手を理解する

 

ゲストハウスを作る際に

一番大事にしたことは、地域の方々とのつながりだったと

wayaの柴田さんはおっしゃってました。

 

例えば、いきなりゲストハウスを北海道で作る!

と決めたところで、その町に住む人たちにとっては

ゲストハウスとはなんぞや?という状態なんです。

 

いきなりゲストハウスを作っちゃって

そこに外国人がいきなり町におとずれて、夜までお酒飲んで

どんちゃん騒ぎしてたら、町の方々も不信感を抱くことでしょう。

 

だからこそ、地域の人とのコネクションを作ることを

とても大事にされたらしいんです。

 

さらに地域の方々と関わる中で

「求められるまで発信しない」

ということを大切にしたそうです。

 

地域の祭りに参加して、お神輿を担ぎ

夜遅くまで地域のおじさんたちとお酒を飲みながら

相手を理解していく。

 

そして、相手が心を開き

関心を持ってきたタイミングで

自分たちの情報を発信する。

 

「自分たちのことを知ってほしいなら、まずは相手を知る」

 

なんで自分のことをわかってくれないんだろう

ではなく

まずは相手を理解することに努める。

 

とても大事なことだと感じました。

いつかやりましょうは巻き込みきれてない

 

これよくヒロ自身もやりがちなんですが

何か面白い提案が思いついた時に

「いつかやれたらいいですね!」

なんて言ってしまうんです。

 

でも、よくよく考えたら

これって結局実現された試しがないんですよね。

 

やはり、何かやると決めたら

やる日にち、時間、場所など

一気に決めてしまって、それぞれのスケジュールに埋め込む。

 

ここまで決め切ることが

人を巻き込んだことになると

思いました。

 

むしろ、そんな中途半端に巻き込んでしまうのは

無責任なことだと

強く思わされました。

ヒロの夢リストにやりたいことが増えた

今回参加して思ったこと

色々と綴ってきましたが

自分の中で、自分の将来のやりたいことが1つ増えました。

 

それは

「人が集まる場をもつこと」

です。

 

例えば、ゲストハウスというのも1つの形ですし

コワーキングスペースのようなところも

1つの形です。

 

ヒロが用意した場所に

たくさんの人が集って

いろんな人の化学反応が起こる場所。

 

そんな場所を作り上げていきたい強く思いました。

その上で、たくさんの人を巻き込んで行く。

それもそれぞれのプラスの方向に。

 

自分の巻き込みパワーをもっともっとあげて

魅力的な人間になっていきたいと

今回のイベントに参加して強く思いました。

1 個のコメント

  • ヒロさん 素敵な活動の記事をあげて頂きありがとうございました。
    中小企業の社長の間でも「巻き込み力」というキーワードはすごく出てくる重要な言葉だと思います。
    事業を始めるときもそうですし、事業で社員がついて来るのもお金だけじゃない力で巻き込んで行く会社が強いのかなと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です