ヒッチハイクしたいなら5つのコツだけ守れ!

どうも!

兄のカツです!

 

今回は旅の醍醐味のひとつ!

ヒッチハイクについてまとめてみます!

やってみたいけど

結構難しそうだなと思う人も

多いヒッチハイク。。。

 

メリットとしてタダで行きたい

目的地まで行ける上、

様々な方との出会いを楽しむことができます。

 

他にも、車の中で初対面の人と話すと

コミュニケーション能力も上がったり、

度胸も付きます。

 

なかなか勇気のいるヒッチハイク。。。

僕がヒッチハイクをした経験を

踏まえたうえで必ず気を付けたいコツをシェアします!

コツ1 身だしなみに気を付ける!

6646639153_c9d00d8f86_z

ヒッチハイクに出る前に

まず気を付けたいのは身だしなみ。

やはり乗せたいと思われるような

清潔感のある服装をすることが大切です。

 

どんなにやる気があっても

乗せてくれないと旅は始まりません(笑)

 

清潔感を意識して、服装、においなど

最新の注意を持ちましょう!

コツ2 書き示す目的地に注意する!

s__4071426

ヒッチハイクといってもやり方は人それぞれです。

 

行き先をスケッチブックなどに

書いて乗せてもらう人、

親指を立てて乗せてもらう人、

高速道路をねらう人、

下道を使ってヒッチハイクをする人など多種多様です。

 

その中でも主要なスケッチブックに

行き先を書いてやるやり方について。

 

一番大切なのは近い場所を書くということ。

遠い最終目的地を最初から書くのでは

なかなか止まってくれません。

 

たいていの人は乗せてくれる間に

思っていた目的地よりも少し先のところまで

乗せて行ってくれるものです。

 

書く場所は注意して書きましょう。

コツ3 立つベストポジションを考える!

img_5158

書く場所と同じくらい

重要なのが立つ場所です。

 

立つ場所のベストポジションとして

①車通りが多いこと、

②車が止まりやすいこと

の2つの要素が挙げられます。

 

信号の近くの車が止まりやすい路肩であったり、

高速狙いの人はインターチェンジなどは狙い目でしょう。

 

30分立ってもなかなか

止まってくれない場合は

書く場所や立つ場所など

何らかの原因があると考えたほうがいいです。

 

立つベストポジションを考えて車を狙いたいですね!

 

コツ4 ねらい目の車を見つける!

1211

車選びは大切です。

大事なのは車のナンバーを見て

いきたい方向のナンバーの車を狙うこと。

 

またパーキングエリアなどで

ヒッチハイクする場合は

声をかけることができるので

声をかける相手をしっかり選ぶとよいでしょう。

 

乗るほうも怖いですが、乗せるほうも怖いものです。

 

子ども連れなどはなかなか

乗せてくれない方が多いですが、

泊まっている車に話しかける場合は

どんな方でも見境なく

話しかけることが大切だと思います!

 

コツ5 感謝を忘れない!

tumblr_inline_mkpntjqgcw1qz4rgp

最後に乗せていただいた方へ

感謝を忘れないことです。

 

乗せてくださった方は

自分の時間などを割いて

乗せてくださる方などもいるかもしれません。

 

乗せてもらった身。

必ず乗せてくださった方への

感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

 

出会いは一期一会です。

記念に写真を撮ったりと

思い出に残しておくのもよいと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

なかなかできないことではあると思いますが

ヒッチハイクは危険でもないですし、

チャレンジにはもってこいだとおもいます!

 

このコツを使ってヒッチハイクをし、

人の温かみを実感できるような旅にしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です