【チャリ旅】迷ったらこれ!自転車旅におすすめの5つの自転車ブランド

うも!

兄のカツシです。

 

今回は自転車旅をするという方向けに

おすすめの自転車ブランドを5つ

紹介したいと思います。

 

旅の一つの手段として挙げられる自転車旅。

正直めちゃくちゃ楽しいです。(笑)

 

でも

「どんな自転車を選べばいいか分からない。」

なんて人も多いはず。。。

 

僕も数回程自転車旅を

やったことがあります。

 

大学1年生の時に九州から大阪まで。

2年生では神戸から富士山までいきました。

 

それを踏まえたうえで一番は大切なのは

「けがをしない自転車」

を選ぶこと。

 

壊れないかという耐久性の問題と、

しっかりと整備されているかの2つの点

が大切です。

 

これさえ守れれば正直なところ

ママチャリでも構いません。

現に、ママチャリで旅をされている方も

たくさん存在します。

 

自転車旅はけがさえしなければ、

どんな自転車でも楽しむことができます。

醍醐味はなんといっても

その場の空気やにおいなどを

直接感じることができる点。

 

これらの点を守ったうえで

自転車旅好きの僕が

「迷ったらこれにしとけ!!」

とおすすめするブランドを5つ厳選して

紹介します。

 

1.GIANT(ジャイアント)

f:id:gakuseinomirai:20160415023539j:plain

ロスバイクやロードバイクの世界では

有名な超一流の自転車メーカーであるGIANT。

台湾のメーカーです。

 

「品質が良いのに手頃な価格、豊富な車種やタイプがある」

というのがGIANTの一番の特色だと思います。

 

旅だけでなく、

普段の生活でも使えるので

一番買って損のないブランドだと思います。

 

2.GIOS (ジオス)

f:id:gakuseinomirai:20160415024113j:plain

個人的に、最近自分の周りで

よく見かけるのがこのGIOSです。

 

「ジオスブルー」と呼ばれる

青色のフォルムが印象的なこのブランド。

 

イタリアのブランドであり、

クロモリフレームを採用しています。

 

最初の1台で全く問題のない有名人気ブランドです。

 

3.FUJI(フジ)

f:id:gakuseinomirai:20160415024805j:plain

日本で誕生して100年以上もの歴史を持つ、

インターナショナルブランド「FUJI」

 

FUJIの代表的クロスバイクは、

タイヤやサドルがフレームカラーに統一された

一際目立つPALETTE (パレット) という自転車です。

 

価格やデザインにおいても

GIANTに対等できるほどのものがありますので、

要チェックのブランドだと思います。

 

4.Bianchi (ビアンキ)

f:id:gakuseinomirai:20160415025550j:plain

「チェレステ」と呼ばれる明るい

若草色を用いたカラーがシンボルで

本場ヨーロッパのレースでも

優秀な実績を残す自転車界の一流ブランド。

 

イタリアのブランドです。

 

価格は他と比べると高くなってしまうものの、

カーボンを使用しているため軽く丈夫で、

間違いなく一生ものになる自転車だとおもいます。

 

5.LOUIS GARNEAU (ルイガノ)

f:id:gakuseinomirai:20160415030103j:plain

ザイン性ではダントツのかっこよさを誇る

カナダのブランド,ルイガノ(LOUIS GARNEAU)。

 

個人的に大好きなブランドです。

 

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)のクロスバイクは

LGS-RSR シリーズが初心者の方にはおすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

どのブランドもかっこいいものばかりですね(*^-^*)

 

また自転車旅でどんなものを持っていけば

いいのかわからない方は、

以前まとめたこちらの記事を

参考にされてください。

ima-colle.jp

最初に述べたように自転車旅は

自分の体に合って、けがの少ない自転車

を選ぶことが一番大切です。

自分にあった最高の自転車で最高の旅をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です