旅が大好きなカツのイチオシ!初めての旅は東南アジアがおすすめな3つのワケ

どうも!

兄のカツです!

 

あけましておめでとうございます!

今年も双子共々よろしくお願いします!

 

今年からは

毎日ブログを更新するのはもちろんのこと

同時進行でYOUTUBEなどでも

アウトプットを

増やしていこうと思っています!

 

学生や20代の方々に

ワクワクや新たな価値観を増やせるように

さらに飛躍していきます!

 

応援よろしくお願いします(笑)

 

さて話は変わりますが

今日は旅をしてみたいけど

どこに最初は行けばいいのかわからない!

という方に向けて

僕の大好きな東南アジアを

ご紹介したいと思います!!!

 

本当に最高の場所なので

いつも以上に気合い入れて

お伝えしていきますね!!(笑)

東南アジアって?

f:id:gakuseinomirai:20160507232343p:plain

ずは今回僕がおすすめする

東南アジアについて

軽く説明をしたいと思います!

 

東南アジアは、フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナム、ブルネイ、タイ、東ティモールの11の国があります。

 

雨季と乾季にしっかりと

分かれている国がほとんどかつ、

平均気温25度以上で大部分が

熱帯に分けられます。

 

ASEAN(東南アジア諸国連合)は

現在10か国が所属しており、

現在では世界的に見ても

大きな役割を持つ組織となっています。

 

歴史的に見ると欧米列強の植民地と

なった国がほとんどですが、

今現在では経済的に見ても

大きく注目を浴びている地域です。

 

どうしてそんな東南アジアが

初めての海外旅におすすめなのか

具体的に説明していきますね!

1.物価が安い

f:id:gakuseinomirai:20160507233349j:plain

をするうえでお金のやりくりは

非常に重要になってきます。

 

そう考えると、

今現在東南アジアは日本と比べると2~3倍ほど安い現状です。

 

東南アジアの物価も以前と比べると

高くなってきていますが、

お金のない学生からすると

ヨーロッパやアメリカに行くよりも

断然ハードルが下がってきます。

 

私は東南アジア10か国を回るのに

20万円ほどでした。

この金額も個人的にお金をどう使うかで

また変わってくると思います。

 

 

他の国々と比べると

お金のない学生からしたら

行きやすい地域であるのは間違いない

と思います。

2.英語能力がそこまで必要ない

f:id:gakuseinomirai:20160507234233j:plain

英語は海外に行くにおいて

間違いなく必要な能力です。

 

かし、

東南アジアの場合は英語圏はフィリピンのみで、

それ以外の国では簡単な英語と

身振り手振りで何とか伝わります。

 

「英語話せないけど海外に行ってみたい」

という方には非常におすすめです。

 

フィリピンなどで英語の練習をして慣れてから、

次のステップでアメリカに行く

というのもいいかもしれません。

 

最近流行りのセブ島留学も

アメリカへの留学などと比べて

とても安くて英語を学べるのでとても人気ですね!

 

セブ島留学が気になる方は

下のリンクから資料請求されてみてください。

 

↓セブ島留学資料請求↓

http://pottode.org/ad/1792/478663

3.経済の発展を肌で感じることができる

f:id:gakuseinomirai:20160507235411j:plain

れも大きな要素です。

 

東南アジアは今急速に経済発展をしています

あなたが思っている以上に発展し続けています。

 

これから東南アジアが大きな市場と

なることは間違いありませんし、

自分たちの時代において

東南アジアは経済的にも政治的にも

大事な役割を担うと思います。

 

そういう意味でも今の東南アジアは

見ておいたほうがいいです。

 

れと同時に貧しさというものも

肌で感じることもできます

 

シンガポール、マレーシア、タイのような豊かな国と、

カンボジア、ラオスなどのような貧しい国の違いもまとめて見ることができます。

 

豊かな日本という国に住む

私たちは今の生活が

当たり前かもしれませんが、

フィリピンやカンボジアなどの貧しい国では

スラム街で毎日生きるのに必死な子供たちがいるのも事実です。

 

そういう現状を見て自分たちの生活が

いかに恵まれているのかも

知ることができます。

学ぶということも

東南アジアをおすすめする要素の一つです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今の東南アジアを見ておいて

損することは何もないと思います!

 

最終的には自分と相談して

自分に合った旅をして視野を広げていきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です