東芝の巨額損失問題から、これからの時代の生き方を考えてみた。

うも!弟のヒロです。

今日ネットニュースを見ていたら、ふと東芝の決算発表が生配信であっていました。

日本を代表する大企業の東芝が1兆円近い巨額の損失を抱えることになったこの問題。テレビやネットでずっと話題になっていましたよね。


正直、東芝がどうなろうと知ったことないよ!!

って人も多いかもしれません。

しかし、僕はこのニュースを見ると、改めてすごい時代に突入しつつあるんだなという気がしています。今回は、この問題を通して考える、これからの時代の生き方をアウトプットしていきたいと思います。

大企業にいるからって安定の時代じゃない

今回の東芝の問題にしろ、SHARPが台湾のホンハイに買収された時にしろ、近年、日本の大企業と呼ばれる会社が厳しい状況に追い込まれています。

特に高度経済成長期に成長した、日本を代表する家電メーカーなどが、このような状況に追い込まれてきてるんですよね。

日本の景気全体を見れば、上昇傾向にあるので、景気が悪くてモノが売れないことが大きく影響しているわけではないでしょう。

もちろんグローバル化で、他国の企業に押し負けている現実はあると思うのですが、その分、これまでに蓄えた資金で、今の時代にあった新しい事業を作ることは可能だったはずです。

www.garbagenews.net

さて、こういった状況になると、安定だから、大手だからという理由だけで会社に入った人は現在、苦しい状況だと思います。

大船に乗り込んでいたつもりが、その船自体が転覆しかけているわけです。もちろん乗組員も一緒に沈んでしまいます。

また、大企業という傘に守られ、会社に長年甘えていた人ほど、辞めても再就職できる企業もないのに、支えなければいけない家庭はある。という状況になっています。

もちろん、そんな人たちは本当にごく少数だと思いますが、何も考えずに、定年まで大船にしがみついおこうと考えていた人ほど苦しむ厳しい時代が来つつあることは間違いありません。

これまでと働き方が大きく変わる時代が来つつある

じゃあこれからの時代どうなるの?っていう話になると思います。

そこで、ここからは僕がなるほどなーって思った話をしたいと思います。それが、これまでとこれからの働き方の話です。

日本が終戦を終えた1945年から、日本経済はひたすら伸びていました。東芝などの家電メーカーしかり、自動車産業しかり。どんどん経済が伸びていたんです。だから、その時代の人たちが生き延びていくうえで一番正解だった道は「企業に属する」ことでした。

それを「人が止まる業」と書いて、企業と書きました。「就職」という道が成功だったんです。この時期に給与の差として、学歴資格などで、さらに格差が開いていきました。

しかし、1990年頃のオイルショックなどから日本経済は停滞をしていきます。

よく言われる「失われた20年」というのはこの頃からですよね。企業に勤めていても、なかなか給料が上がらないという時期もこのあたりからです。しかし、ITやコンピュータの性能がこの頃から爆発的に伸び、ITを使って起業する人たちが現れだします。

これが、ライブドアの堀江さんや楽天の三木谷さんなどですね。

複業という新しいあり方の時代へ

そして、これからの時代の話。

インターネットが発達し、リモートワークを採用する企業が増えたりなど、自分の情報を世界中に発信できる時代がきました。特にアメリカは経済を引っ張るほとんどの企業がIT企業(Google、Facebook、Amazon、Apple、Microsoft)になっています。

これまでの時代は会社にいて、会社の給料だけで生活することができる時代でした。会社の給料で家庭や自分を守ることできたんです。しかし、これからの時代はワーキングプアと呼ばれる人も増えるなど、就職する企業によっては、企業に勤めていても、生きづらい時代になりつつあります。

heikinnenshu.jp

そこで「複業」という考え方です。

会社の給料自体は細くなってしまい、家庭を守るには心もとないです。しかし、それ以外にメルカリで不用品を売って収入を得たり、ブログやyoutubeで広告費を稼いだり。また、kindleで本を販売し、それらを通して得たお金を投資にまわしたり。

一本の柱では心もとないけど、複数の柱で生活する人たちが増えてきます。まさにyoutuberなどがそうですよね。

つまり、会社の給料だけに依存するのではなく、自立して自分から別の収入をとりにいける力がこれからの時代生きていくには必要になるのだと思っています。

そこには、資格や学歴はほとんど依存しません。自分の頭で考えて、正確な情報を取りに行き、実行できる力を持った人たちが生きていけるのでしょう。

とりあえず発信する力はつけておいたほうがいい

じゃあまず何をしたらいいのか!ってなると思うんですけど、最初にすべきことは発信をすることだと思います。

小学校の頃にいませんでしたか?ひたすら授業で「ハイハイハイ!!」って手をあげる学生。

うるさいなーと思いながらも、どこか印象に残ってしまい、結果的にその本人がクラスの中心人物になってしまう。みたいな。

 

ネットも一緒で、声をあげた人のまわりには共感する人が集まります。もちろん、叩かれることもありますけど。だからこそ、自分の意見を考えや思い、学んだことやこれからやろうとすることなどを発信していくことが大事だと思います。

大企業ですらも、倒産しかける時代。どんどん時代の変化が早くなってきているので、今のうちから色々考えて行動し続けることが大事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です