清水富美加さんの件で『日本人のおかしな宗教観』に気付いたから書いてみる。

どうも!

兄のカツです。

 

今日は普段にも増して、

自分の中で伝えたいなという部分のことを

話してみようと思います。

 

きっかけは、今世間を騒がしている清水富美加さんの幸福の科学の問題

ずっと僕の心の奥底に日本人の宗教に対する捉え方がめちゃくちゃ気持ち悪いって言うのがあったんですよね。

今回はそんな僕が考える、日本人の宗教観に対して書いてみようと思います。

最後まで見てくださいね!

既成宗教はよくて、新興宗教をディスるのがわけわからない。

今回の件で気になるのは、世間の新興宗教に対する批判っぷりです。

何かにつけて新興宗教そのものを批判したり、

新興宗教に入信した人をバカにしたりしますが

これどうしてなんですかね?

オウム真理教の影響??

 

僕から言わせれば、仏教や神道、イスラム教、キリスト教などの既成宗教はよくて新興宗教はよくない理由がわかりません。

例えばですよ。

僕は小さい時お寺の友達の家に宿泊体験みたいなことをしていました。

その関係で、お坊さんの裏の姿を見ました。

そこで見たのは「お坊さんもビジネスなんだなぁ」というちょっと残念な姿。

 

もちろん、お坊さん全員がそういうわけではないです。

けれども、僕が見たお坊さんたちは、そうでした。

なんでこんな人たちにお布施として何十万も払うんだよ!!

って感じです。

はっきり言って寺院や神社もビジネスですからね。

 

なのにどうして仏教を始めとする既成宗教はOKで、

新興宗教はNGなんですかね?

既成宗教は宗教というよりもはや日本のしきたりみたいになってるから?

 

そして、清水さんの件に関してはいろんな意見があるだろうし、

僕は新興宗教も既成宗教でもどっちでもないのですが

ただ新興宗教に入信したという理由だけで

清水富美加さんを匿名で避難しまくるネット民は

ちょっとないんじゃないかなと改めて思いました。

世界に出てみて、いろんな宗教との付き合い方を学んだ。

僕が東南アジアとかを旅する中で、

気付いたのは日本で普通の仏教や神道以外にも

いろんな宗教が存在するってこと。

そして、これは日本人の宗教観とは全く違うんですよね。

・キリスト教(ベトナムサイゴン大教会&フィリピンマニラ大聖堂)

f:id:gakuseinomirai:20170219164328j:plainf:id:gakuseinomirai:20170219164404j:plain

・イスラム教(インドネシアのインティラクルモスク)

f:id:gakuseinomirai:20170219164323j:plainf:id:gakuseinomirai:20170219164358j:plain

・ヒンドゥー教(シンガポールのヒンドゥー教寺院)

f:id:gakuseinomirai:20170219164354j:plain

僕が旅する中でもいろんなお寺や宗教が存在していて、日本人の宗教に対する捉え方と全く違うなと感じました。

海外で宗教は生活の一部。

そう実感させられました。

グローバル化が進む中で宗教に対する捉え方を変えていくべきだと思う。

これからの時代は間違いなくグローバル化。

そんな時代に「あの宗教は知らないから怖い」とか言って差別するのはちょっと違う気がします。

 

日本は裕福だし、最低限生きていけるから宗教に頼ったりする文化ではないと思います。

でも、もう少し宗教に対して理解を深めて

いろんな生き方をしている人がいることを認めることって大切だと感じます。

 

そんな風に今回の清水さんの件で考えました。

まず自分の今の考え方が正しいのか。

何をもって正しいと認識しているのか。

そこから疑うことが大切な気がします。

 

今回の話はいろんな考え方があると思うので

これを見た人はいろんな意見を聞かせてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です