ネットで何か拡散するのであれば、『議論を生むこと』が大切だって話。

うも!

弟のヒロです。

 

今日、Yahooニュースを見ていると

あるニュースが話題になっており

ヒロの目をひきました。

 

「キンコン西野、2000円の自身絵本を無料公開」

という記事。

スクリーンショット 2017-01-19 19.37.56

キンコン西野さんが、手がけた絵本

「えんとつ町のプペル」を無料で販売するということを取り上げた記事です。

 

この絵本は、クラウドファンディングという手法で

ネット上で見ず知らずの多くの人がお金を出しあって

4年という歳月を経て作成したもので、世界初の「分業制」で作られた絵本なんですね。

 

絵には絵のスペシャリスト、文章には文章のスペシャリスト

本のデザインにはデザインのスペシャリストがという感じで

いろんな人が関わりながら、1つの作品を作りあげています。

 

今回の記事では

2000円で販売してたこの本を、完全無料でネットに公開しますよ!

ということが話題になってたわけです。

 

なぜ、こんなことをしたのかというと

「2000円は高い。自分で買えない」

という、コメントが小学生からキンコン西野さんに送られたから、だそうです。

 

えんとつ町のプペルは2000円。

確かに小学生からみるとそこそこ高い値段。

多くのスタッフがこの本の売り上げから生活しているし、どうしたものか。。。

 

色々方法を模索した結果、

結論、本を無料で公開することに決定したんですね。

 

西野さんはブログでこうつづっています。

『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値がある。

だからこそ、お金で買える人は買ってくれればいいし、買えない人はネットで見ればいい。

 

これは売り上げや販売数などで見てしまう

現代人が驚く新しい考え方であると感じました。

 

『考え方は人それぞれ』を大事にする

ヒロが気になったのはここからです。

もちろんこの行動に対しては

たくさんの人から賛否の声があがっています。

 

yahooニュースのコメント欄(とにかくコメントの質が低い。。。)

を見ていて顕著に感じたことなんですけど

人それぞれ色んな意見があるわけなんですね。

 

例えば、いくつか実際の声を紹介するなら

自分は褒めるような行動ではないと思う。
何でもかんでも無料公開。ネットに明るい世代はそのうち、本来金銭が発生するものに無料を求めるようになると思う。というか、もうなっているのでは?

まあこれは権利者が進んでやっていること。本人がいいならご自由に。ただ、なんとか宣言はいただけない。
あくまで一個人の意見。

むっかし小生意気に当時の自分にしては高い本がどうしても欲しかったとき、頑張って貯めて買ったな。今でもなんだかんだ捨てられない。
無料で見れることはいいことかもしれないけど、個人的にもそんな経験があってもいいと思うんだけどな。

自分の本をみんなに見てもらいたいという自己アピールにしか見えませんけど。(著作権は自分だけど、本当はいろんなクリエーター参加型の共著)
芸能人というネームバリューもあるだろうに、そんなことをしてまで他の作家を差し置いて自分だけ違うというのを見せたいのかと思う。
この人のやり方はいつも、「自分一番」という気がしてならない。

 

こんな風にいろんな意見があるんですね。

特にyahooニュースのコメント欄は否定の声が多いんですが

もちろん賛成の声も多くあり、たくさんの議論を生んでいます。

 

『賛成』と『反対』、両者の声があるから拡散される

 

どんな話題でも、賛成、反対あると思います。

全部が全部、同じ意見だったら

世の中面白くないですし、多様性は生まれません。

 

いろんな意見があるからいいんです。

いろんな意見があるから、人は試行錯誤するんだと思います。

 

ネットというものを世界中の人が使えるようになり

多くの意見を知れる時代になりました。

 

今回の件も、たくさん議論されることで

この本を知らなかった人たちが

ちょっと見てみようという気になったかもしれません。

 

事実、絵本をネットで無料公開したのち

えんとつ町のプペルは、アマゾンで売れ筋商品となっています。

スクリーンショット 2017-01-19 20.23.21

多くの人に拡散されて、多くの人の目についたのでしょう。

 

ヒロはここから学べることはたくさんあると思っています。

全員が全員好きなものを提供することより

あえて、反対意見も織りまぜる。

 

みんなに良い子に思われようとしている

八方美人の友達より

 

自分の意見をもっており

好き、嫌いがはっきりしている人の方が

以外と目についたりしますよね。

 

それと同じで、一目おかれるため、

今回の場合、多くの人に拡散されるためには

一番大事なことなんじゃないかと思いました。

 

さて、ヒロも今後、多くの人にブログを見てもらうために

賛否をいただけるような自分の意見を

発信していきたいと思います。

 

無料公開された『えんとつ町のプペル』は

以下のリンクからご覧下さい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です