20代のあなたに伝えたい。知っておくべき3つの『お金の使い方』

うも!

弟のヒロです!

 

今日はお金の使い方の種類について

お話していきたいと思います。

 

お金の使い方には種類がある!

なんて言われても

一体なんのことだろうという方もいることでしょう。

 

何気なく使っているお金だと思うんですが

以外とお金について深く考える時間って

普段の生活の中ではそうないんじゃないでしょうか?

 

改めてお金について知ることで

自分のお金の使い方を見直していきましょう。

 

お金には3種類の使い道がある

イトや仕事でもらえた給料。

飲み会だったり、買い物なんかで

気づいたら思ってたより使ってたなんて経験された方

多いのではないでしょうか?

 

実はお金には一般的に、

「消費」「浪費」「投資」

の3種類があると言われています。

 

消費:使ってなくすこと。

浪費:金銭・時間・精力などをむだに使うこと。むだづかい。

投資:その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。

引用 http://dictionary.goo.ne.jp/

 

簡単に説明すると

 

  • 消費は「生きるため、生活するために必要なものを買う・使うこと
  • 浪費は「無くても不自由がないのに、買ってしまう・使ってしまうこと
  • 投資は「今後自分の成長や生活を豊かにする可能性のあるものを買う・使うこと

 

てな感じでしょうか。

自分のお金をどう分類するかはあなた次第

実際にヒロも日頃のお金の使い方を

分類してみました。

 

  • 消費:家賃、光熱費、通信費、(最低限の)食費 など
  • 浪費:お酒、カフェで飲むコーヒー、コンビニで買うジュース など
  • 投資:本、意義のある飲み会、イベント など

 

こんな感じですかね。

特に最近はカフェなんかで作業することが多いので、

自然とコーヒー代なんかが浪費として増えたりしてます。

 

ただ、私が大事だと思っているのは『飲み会』のポジションを

どう置くかです。

 

大学生や社会人になると

サークルや会社の飲み会など

いろんな飲み会の場に出る機会が増えると思います。

 

一回の食べ飲み放題でも3000円以上は

使ってしまいますよね。

 

この飲み会を本当に一緒に過ごしたい人たち

とお酒を酌み交わしながら

有意義な時間にできるのであれば、

このお金は「投資」に含まれると思ってます。

 

でも、ただ単に時間をつぶしてしまう

だらだらとした飲み会なのであれば

それを「浪費」に含まれることでしょう。

 

人の価値観は人それぞれだと思いますが、

このように、自分である程度の条件を決めて

どのポジションにあなたがかけようとしているお金が位置するのか

考えることが大事になってくるんですね。

 

まじでお金と時間の価値を考えたほうがいい

お金に困ってる20代のみなさん。

本気で今一度お金というものに

しっかり向き合って見てはいかがでしょうか?

 

友達との「つきあい」だから。。。

そんな理由で行きたくもない場所に

お金と時間を浪費して、行くことって本当に無駄だと思います。

 

本当に買いたいものでもないのに

セール品だから!!

といった理由で衝動買いしてしまい

そんなに使わず、結局捨ててしまう。。。

 

これって本当に浪費でもったいないです。

どこで聞いたか忘れたんですが

悩む理由が値段なら買いなさい 。買う理由が値段ならやめなさい。

っていう名言を聞いてから、ヒロはほとんどセールに惑わされなくなりました。

(たまに買っちゃうけど)

 

どうせ使っちゃうお金なら

自分ができる最低限の「投資」をして

今後の自分のタメになることに、自分のお金(と時間)を使いましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です