2016年は「死」について考えさせられた1年間だったとしみじみと思った。

どうも!

兄のカツです!

 

今日は、

今年を振り返って見た時に

「死」といものを生々しく感じられた

1年だったなぁと思ったので、

 

若造ながら

「死」について書いてみようと思います。

 

珍しく真面目に書いてみようと思うので

見てくれると嬉しいです(笑)

いつ死んでもおかしくないと感じた熊本地震

20160415037_dat_20160415120056001

僕達双子は熊本の阿蘇という

ド田舎の出身なんですが、

そんな僕達の故郷を

4月に大地震が襲いました。

 

僕と弟は故郷を出ていたので

大丈夫でしたが、

あの時ほど家族や友達を心配し

眠れなかった日は無かったと思います。

 

家族や友達はなんとか無事でしたが

家が無くなった友達もいて

その被害の大きさに呆然としました。

 

この時気づいたのは

人っていつ死んでもおかしくないんだなぁ

ということです。

 

いつ地震が起きても、

交通事故にあっても、

火事になっても、

事件に巻き込まれても、

おかしくないわけ。。。

 

そして同時に

後悔ないようにやりたいことは

やっておかないとダメだなとも思いました。

 

僕にとって初めて

意外と「死」って身近にあるんだな

と思わされる出来事だったわけです。

かっこよくて大好きだったじいちゃんとの別れ

1475714149236

もう一つの出来事は

大好きなじいちゃんが

11月に亡くなったこと。

 

初めての身近な人の死に

ただただ驚きました。

 

「人って死んだら

こんなにも冷たくなるんだ」

という気付きと発見だったり

すっごく悲しくて泣いてしまったり。。。

 

おじいちゃんに最後に言われた

「死ぬまで勉強せなんぞ」

という言葉は僕の胸に突き刺さっています。

 

改めて「死」と向き合った

出来事でした。

自分の死と向き合った時、今の生き方に後悔しないだろうか

これらの出来事を踏まえた上で

友達から

「この動画みた方がいいよ!」

と言われた動画があります。

 

それを見てなおさら

自分の人生を振り返れたので

シェアさせてください!!

鉄拳さんのパラパラ漫画は

何度見ても感動させられますね。

 

2016年の経験と

この動画から学んだことは、

いつ死ぬかわからないんだから

やりたいことはやっておかないと損

ということ。

 

自分の死と向き合ったときに

今の人生を振り返ることができたわけです。

 

だから自分に言い訳して

やりたいことから逃げる。

やらない。

これってめちゃくちゃもったいないことです!

 

だから2017年を迎える前に

一度自分の死を見つめなおしてみては

いかがでしょうか?

 

そして最高の新しい

一年間を迎えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です