いい大人にもなって他人と比べちゃう”アホ”にモノ申す

んにちは。

弟のヒロです。

 

よく他人と比べちゃう人っていますよね。

そういった人を見てると本当に

”アホやな〜”と思ってしまいます。

 

いえいえ、別にすごく馬鹿にしてるわけではありません。

こんな風に考えてしまう理由は

あなた自身の人生を他人に影響されてもったいないなって強く思うからです。

 

なぜそう思うのか?

周りと比べ、自分が優れているところを見つけて

他人のダメなところを卑下する。

 

そんな中で、人間は

無意識に周りの人と比べて劣等感に陥ったり

優越感に浸ったりしてしまうものです。

 

他人とくらべることで感情に波ができてしまうんですね。

それも周りの影響で。

これではとっても疲れてしまいます。

 

なんだかもったいなくないですか?

あなたの人生なのに

周りと比べるだけであなたが疲れてしまってるんです。

 

じゃあどうすればいいのでしょうか?

方法はいくつもありますが一番の方法は

自分の内面でいいところを徹底的に自分で褒める

これだと思います。

 

 

そいつはそいつ、自分は自分って考え方

 

比べてしまう原因って

結局「ないものねだり」

なんですよ。

 

自分よりも可愛い人を見てたら

その人と比べて、足りないものを補おうとする。

 

それが高級ブランドもののバッグであればそのバッグを。

ちょっと高めの化粧品であれば化粧品を。

手っ取り早くパクれる部分て結局モノなんですよ。

 

でも、それって本当にその人みたいになったかって言ったら

その人自身はなにも変わってないんです。

得るのは偽の自信だけ。

 

人が一番欲しいのは

自分のないものを持っている人に近づいたって思ったときに

周りの人から褒められたいと思う”承認欲”なんですね。

 

現代人はこれが高いからとにかくなんでも人と比べてしまうんです。

でも、どんなにイケメンでも美女でも

誰しもコンプレックスがあるように

 

外を繕って心が完璧に満たされることってないんです。

もちろん、外見から生まれる自信もあると思いますが。

 

しかも、外見に注力する人に限って

年齢を重ねるにつれて

自信をなくしていっちゃいます。

 

だからこそ、自分の内面を褒めましょう

自分の行動を褒めましょう。

これが、年齢にも外見にも左右されず

自分に自信を持ち続ける方法だと思います。

 

他人と比べなくなり

自分の内側を褒めて自信がついたとき

あなたは本当の意味で解放されるのではないでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です