社会人1年目の僕が就活を振り返って気付いたこと。

どうも。兄のカツ(@katsushi_ito5)です。

久しぶりの投稿になりました。中々ブログを続けるのは難しい。実感と反省してます。

久しぶりに現状報告から。今年の4月から僕たちも二人とも社会人になりました。少しは変わるのかなと思ったら、正直あまり変わっていません(笑)

弟はメルカリに。僕は福岡のHide&Seekという会社に就職しました。

katsuhiro.tokyo

弟がメルカリを選んだ理由については、この記事から。

お互いにいろいろと悩んで進路選択をしたのですが、今回はまだ就活に悩んでいる人向けに、僕がなぜ今の会社を選んだのかを書いていきます。

会社は自分の成長のために使うもの。

僕が就職を決めるにあたって、一番参考になった記事があります。

newspicks.com

DMM会長の亀山さんの記事。この中に書いてあるもの中で響いたのはこの部分。

若手が本当の力をつけるには、本や人から教わるだけじゃダメなんだ。自分自身で成功や失敗を繰り返す以外に手はないんだよ。でも、事業で失敗するってのは金がかかるから、その失敗費を負担してくれそうな会社はありがたいよね。

ちょうど大学の友達が就職活動をしているときに、僕は起業を考えていました。その当時はやりたいことが強くあったわけではなく、一番学べるものが多いだろうなと当時から思っていたからです。

起業して、自分でやっていきたいという思いが膨らんでいた大学3年の1月。そんな時に、大学時代の先輩から「面白い会社があるから見に行かないか」とメッセージが。(あまり絡んだことはない人だったのですがw)

フットワークは軽い方なので、即答で「行きます」と返事しました。

 

そこで出会ったのが今の会社でした。もともと東京のIT企業も視野に入れていたので、福岡の会社はあまり知らなかったのですが、

そこで出会った社長に「会社は使うものだから。いいものだけ盗んでどんどん次にチャレンジをした方がいいよ。もし入社するなら3年した出ていくか、入社中に起業したほうがいいよ」と言われました。

社長なのにこんなこと言うんだと驚いたのを覚えていますww

そのあともいろいろ話を聞いて、そこで働く人と会社に興味を持つようになりました。

1年目からチャレンジできる環境か。

個人的に今のうちにどんどんリスクを取ってチャレンジをした方がいいと思っています。(絶対復活できないリスクは除く)

こんな安全な時代でもリスクを取らない人はとりません。なら人と差をつけるなら絶対取った方がお得なわけです。

会社が自分を守ってくれる時代なんてとうに終わってるわけだから、むしろ自分の成長のために使い倒すことが大切と思っています。

 

僕が今の会社を選んだのには2つあります。

①1年目からチャレンジさせてくれる環境か

②この人たちと働きたいと思えるか

僕は現在会社から出資をしてもらい、新しい事業を作らせていただいてます。僕が望んでいた新しいチャレンジです。

もちろんまったくやったことがないことばかりなので、大変ですが全然苦ではありません。学ぶことだらけで楽しいです。責任もありますが、それはいい方向のプレッシャーに変えています。

 

自分で何かをやるというのはチャレンジとともにリスクでもあります。

でもだからこそ、本気で興味あることをしています。やりたいことをやらないのは損です。

自分に軸があれば悩まないし比較もしない

今回僕は就活において明確な軸がありました。

「1年目から起業につながるチャレンジをさせてくれるところ」

それが基準であり、僕の就活における軸でした。となると、大企業だったり、大きいところは選定基準から消えていきます。

 

就活で悩む人は軸がおそらく無いんです。自分が何に興味を持つのか、何が嫌いなのか。そのコンパスを持っていないのです。

「給料」でも「福利厚生」でも「働く時間」でも自分が譲れないものなら何でもいいです。

その軸やコンパスを持っていれば、人と比較もしないから自分から主体的に動くことができます。

 

軸を持ってれば人と比較することも減ります。「あいつはいい企業入った。うらやましいなぁ。」なんてことはなくなります。だって、自分で選んでるんですから。

むしろ就活の時期というのは、軸を探すのにうってつけの時間だと思います。

自己分析もそうですよね。まずは自分の軸を見つけることから始まるんです。

やっぱり田舎で面白いことをしたい

新しく何か人に提供できるものを作るというのは、自分と向き合う部分も多いです。その中で気づけたのは自分は「やっぱり地方の田舎で面白いことをしたいな。」ということでした。

これから地方は人が減っていきます。少子高齢化の中でこれはしょうがない。

でも、そこにある文化は残していきたい。小さい頃に食べた地元のラーメン屋も、旅行でふと訪れた街で買ったあの茶碗も、親戚のおばちゃんが夏に送ってくれるおいしい梨も。

地方にある自分の暮らしを少しだけ豊かにしてくれるもの。これを発信して残していきたいなと考えています。

今僕は地方に住んでいる人や魅力をもっと発信できるサイトを作っています。

実際に取材して、その町に住んでいる人の暮らしや考え方、こだわりなどを聞くのはとても面白いです。

今自分が取り組んでいることは、また別の記事で書けたらなと思います。

 

なんにせよ、いかに自分の就活や会社選びに譲れない軸を持てるかが大切だと思います。

まだ就活で悩んでる人がいたら、ぜひ参考にしてもらえたうれしいです。

どうせ、就活ごときで自分の人生が決まるわけじゃないんです。ただの手段でしかない。

楽しいこと、やりたいことを明確にして、自分の軸を作って選びましょ。そっちの方が楽しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です