『ZENPEN』という高専生向け編入説明会に行って、感じたことを書いてみる

うも!弟のヒロです!

今日はイベントに参加してきたのでレポートしたいと思います。

イベントの内容はこんな感じ。

『関東合同編入説明会』

というイベント。つまりは進路相談会です。笑

 

高専生向けのイベントなのですが、高専について知ってる人ってどのくらいいるのでしょうか?

簡単に説明すると、こんな感じ。

 高等専門学校は実践的・創造的技術者を養成することを目的とした高等教育機関です。
全国に国公私立合わせて57校あり、全体で約6万人の学生が学んでいます。

  • 特色1 5年一貫教育
  • 特色2 実験・実習を重視した専門教育
  • 特色3 ロボットコンテスト、プログラミングコンテスト、デザインコンペティション等の全国大会開催
  • 特色4 卒業生には産業界からの高い評価
  • 特色5 卒業後、更に高度な技術教育を受けるための専攻科(2年間)を設置

参照:文部科学省(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kousen/

簡単にいうと、高校から5年間の学校で、高校と短大が一緒になったような感じの学校です。

さらに勉強する内容はとても専門的で、技術的なことを5年間かけて勉強するんです。

5年間勉強しているんで、そこらの大学生よりはとても技術的に優れていて、企業的にも学部卒より安い給料で雇えるので、企業からしたらとても人気な学校なんですね!

 

ただ、高専生側からしたら、学部卒と差をつけられることに不満をもって、大学編入という選択をする学生もいます。

僕自身、高専に通っていたのですが、もう少し勉強したいと思い、卒業後に大学に編入するという選択をしました。

卒業後の進路の割合としては、僕の高専では、就職と進学が半々でしたね。

 

しかし特殊な環境のため、進路決定の際に参考となる声があまりないんです。特に実際に編入している学生を見つけることは難しい。

そこで、そんな高専生のために開かれたのが今回のイベント。ZENPENという団体が企画しているのですが、メンバーは高専から大学編入した人たちで構成されています。

このイベントに参加して思ったことをこの記事で書いていきたいと思います。

まずは会場へGO!!

会場はあのゲーム事業が有名なコロプラ本社。

恵比寿ガーデンプレイスにある、高層ビルの中に本社を構えています。こんな立地に本社を構えるなんて本当に規模の大きい会社です。。。

今回のイベントに集まったのは全国の高専から200名あまり。北は北海道から、南は沖縄まで。わざわざ東京まで足を運ぶという姿勢がすごいですよね。

その中には高校1年生の姿もあり、どんだけ意識高いのだろうと驚きました。

実際の会場はこんな感じ!

こんなに高専生いたんかって、ちょっと個人的にびっくりするくらい人がたくさんいました。笑

 

参加大学は、東京大学、東京工業大学など、高専から編入を受け入れている国立大学です。

僕は筑波大学の編入生代表で話しさせていただきました。

これだけの人数の前で話すのはちょっと緊張したんですけど、自分が編入する際の経験を色々伝えてみました。

高専生は優秀、本当にただただ優秀。

自分自身が大学に進んで思ったのですが、『高専生は優秀』これに尽きます。

ただ優秀のベクトルを何に置くかによると思うのですが、『高専生は狭くて深い』といった印象です。

ひとつの専門的なことを5年間勉強して、教えられる内容のレベルも高い。赤点が60点であり、留年も1年生の時から普通にありえるという厳しさ。

 

必然的に振るいに落とされるので、5年生までいった学生は一般的にみてもすごく優秀だと思います。

論理的な思考や、専門性のレベルの高さなど、一般的な大学生と比べても優秀だと思ってます。

視野を広く持ててる高専生は少ない

ただ、逆に狭くて深いことはデメリットにもなると思います。

5年間、専門的なことを勉強して、技術的には長けても、知らず知らずのうちに視野が狭くなってしまう

そのため、将来の選択肢まで狭めてしまうことがあります。

 

15歳でとりあえず選んだ選択肢で自分の将来を決めてしまうんです。それ以外の道を知らずに。

就職の選択肢なんかがそうで、自分の専門の延長線上でしか就職先を見ないことがあります。

例にあげるとすれば、メーカーや通信系などです。

 

ただこれが大学生だと違います。

1人に求人がたくさん来るということはないですが、いろんなジャンルの就職先を見ることができます。

例えば、コンサルやアパレル、ITやプラントなど。高専にいた時では考えもしなかった就職先を見るんです

 

これはある意味、視野を広くもって自分に本当にあった業界を知ることができるんですね。

高専生は狭くて深い、大学生は広くて浅い

これがそれぞれのメリットであり、デメリットでもあると思いました。

大学に入ればいい人生って思う人には、編入はおすすめしない

話しをしてたらこんな風に聞いて来る学生がいました。

高専生
どう勉強したら筑波大学にはいれますか?

もちろん自分がしてきた勉強法は全て伝えました。

ただそこで疑問に思ったので僕から聞いて見ました。

ヒロ
逆になぜ大学にいきたいの??
高専生
いえ、大学いったら安定だし、これから先楽になるとおもうので。

 

大学行ったら安定で、楽になる??

ちょっと僕の頭のなかが「???」ってなりました。

僕は思うのですが、こういった学生は本当に大学に行くべきじゃないと思います。

 

大学に行くということは、安定の道でも、将来が楽になるとも思いません。

大学に編入するということは、卒業するまでの2年間の時間をお金払って買うことだと思っています。

 

大学に進むのは絶対の道ではないし、正直高専からでも、就職をゴールにするのであれば、たくさんの選択肢があります。

そこを履き違えて、とりあえず大学いこうというのであれば、大学なんて行かないほうがいいと思うんです。

視野を広げた上で、就職か進学を決めるべし

色々話した上で結論はここに至ると思います。

高専で進路を迷っている方。

まずは、自分の幅を広げるためにいろんな人に会って、視野を広げましょう。

 

高専という特殊な環境にいるあなたたちなので、視野が狭くなるのは仕方ないと思います。

ただ、いろんな業界でいろんな生き方をしている人に直接会ってみる。

その上で自分自身で考えて、就職したいなら就職すべきだし、大学行きたいなら編入すべきです。

 

正解はないので、自分自身で考えて答えを自分で出す

これが一番大切なことだと思います。

今回のイベントを通して色々考えたヒロでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です