地域の魅力を再発見!?新しい取り組み『フットパス』が面白い!

どうも!

テスト勉強に追われている

兄のカツです!

 

そうです。

めちゃくちゃテストに

追われちゃってます笑

 

今結構試練の時です。笑

そんなテスト勉強をしている時に

この内容面白いな!って思えるような

本を読んだので、

 

今回はその学びを

シェアしたいと思います!

最後まで見てくれたら嬉しいです(^^)

双子で地方を活性化させたい。

僕達の夢リストの一つに

今は寂れてしまった

地方を活性化させたい!!

というのがあります。

 

これは僕達が田舎で生まれ育って

地方の現状を目の当たりにしてるから。

そしてなによりも

田舎が大好きだから。。。

 

それにこれだけインバウンドが

増加している中で

地方にチャンスが眠っているのも

間違いないと思うんですよね。

 

なので僕達は常に地方創生という

ワードにビンビンと

アンテナを張っているわけです。

 

そんなことを思いながら

テスト勉強をしていると

『フットパス』っていう

新たな取り組みを知ったんです。。。

フットパスって??

2

「フットパス」とは、イギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】』のことです。

イギリスではフットパスが国土を網の目のように縫い、国民は積極的に歩くことを楽しんでいます。
近年、日本においてもさまざまな地域において、各々の特徴を活かした魅力的なフットパスが整備されてきています。

簡単に言うと昔からある自然の道を

みんなで歩き回ろうという取り組みのこと。

自然の中を歩き回ると

なんだか落ち着いたりしますよね!

 

自分の街にだけある自然や

小さいけれども玉虫色に光る

様々な伝統や歴史の遺産。。。

 

そんな知らなかったたくさんの魅力に

囲まれていることを知り、

自分の街の魅力を知ることができるのが

このフットパスの魅力。

 

イメージをもっと分かりやすくすると

「ブラタモリ」みたいな感じですかね!

 

このフットパスって

観光資源のない地方の田舎でも

お金をかけずに資源化ができるんです。

フットパスで創る新たなまちづくり

今現在日本でフットパスが

関心を呼んでいる大きな要因が

「まちづくりに大きな効果を与えている」から。

 

どんなまちでもフットパスのできる

道を整備すれば取り組めるし、

フットパスを取り組むうちに

まちの新たな資源を発見することができる。

 

これってすごく魅力的だし、

どんな所でも利用できるなって感じています。

 

こんな風に知らないだけで、

もっと地方が輝くためのやり方って

たくさんある気がしてるんです。

 

だから僕たちはもっと地方を回って

いろんなまちの魅力を探る旅に出ていこうと

考えています!

 

地方の自分の街で

面白い人だとか、風景、グルメなど

いろんな情報を持っている方がいたら

ぜひともおしえていただけたら嬉しいです!

 

フットパスのことをもっと知りたい方は

おすすめの本を紹介しとくんで

ぜひ読んでみてくださいな!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です