社長は選挙で決める?”ホラクラシー型”経営について調査してみた。

んにちは。

伊藤兄弟、弟のヒロです^^

 

今日はですね、

これからの時代の企業の新しい形について

お話ししたいと思います。

 

と、その前にまず最近のヒロの話をさせてください。

最近、ヒロは色々迷ってました。

 

自分の進路はどうすべきなのか。

自分は何になりたいのか

自分はどうなることが幸せなのか。。。

 

金持ちになることなのか。

大手企業でバリバリ働くことなのか。

女性にモテることなのか。。。笑

 

もう分からなくってたんです(・・;)笑

そんな中で、こう考えました!

とにかくいろんな大人に会ってみよう!!

そう思い、この数ヶ月たくさんの企業の方と会ってみたんですね。

 

そこで、お会いした中で、今回お話しをする

「ホラクラシー型経営」

で会社を回していらっしゃる方とお会いしたんです。

 

それでは”ホラクラシー型経営”って一体なんなんでしょう?

詳しく解説していきますね!

 

ホラクラシー(Holacracy)って何?

 

ラクラシーって言葉は分散型、非階層型という意味があります。

なんのことやねんって思ってる方。

私もそうでしたから大丈夫です。笑

 

ホラクラシーの対義語を聞いてもらうと分かりやすい思うのですが、

対義語にヒエラルキーという言葉があります。

 

ヒエラルキーってのは中央集権型・階層型という意味があるのですが

聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

 

まぁヒエラルキーってのが

一般的な会社のように、社長が一番力を持ってて

そのあとに副社長、部長、課長、平社員のように階層がある形をいいます。

 

それに対してホラクラシーってのはこれの逆で

従来のような上司部下の関係がなく、

対等な立場の上に役割が存在する形なんです。

 

簡単に言うと、社長も新入社員も立場が対等であるということです。

ヒエラルキーとホラクラシーに関して、分かりやすい図がありましたので

引用しますと以下のようになります。

 

ヒエラルキー型
tumblr_inline_noosqiswhs1rn24rr_500
ホラクラシー型
tumblr_inline_noost5ktoe1rn24rr_500

ホラクラシー型経営のメリットって?

 

そらく、こんな形の企業って

多くの人が見たことないと思います。

だって、社長も平社員も対等ってわけわからないじゃないですか?笑

 

でも、実際にこのスタイルで経営している企業の方を見つけちゃいました。

その方が実際にホラクラシー型経営を意識して

色々取り組んだことをブログに書かれてたので引用します。

<マネジメント面>

  • 明文化された理念がない
  • 人を管理しない
  • 働く時間、場所、休みは自由
  • 上司部下無し(メンバーと呼ぶ)
  • 労使概念の排除(経営と労働の融合)
  • 残業という概念の排除
  • 肩書は自分で決める
  • リーダーは自然発生に任せる
  • 部署制、事業部制、プロジェクト制の立体3軸
  • 「場」の力によるマネジメント
  • 全ての社内データにアクセス可能
  • 会議は誰でも参加自由
  • 社内外ボーダーレス
  • オフィスは風水環境科学と都市学に基いて設計

<金銭面>

  • 自分の給料は自分で決める(チームでの話し合いもします)
  • 会社の財務情報はすべてオープン(MFクラウド会計で公開)
  • 決済の裁量は個人の常識と良心に任せる
  • 会社の利益の使い道は分配を相談して決める
  • コミッション制の排除(かなりクールな現実主義ですがあくまで給料制)
  • 手当がめちゃ手厚い(ベーシックインカム的な)

<人事面>

  • 中長期、年次、月次の目標設定と自己評価
  • 社長、役員は毎年選挙
  • マネージャーという役割は無い(リーダーはあるっぽい)
  • 他社に短期留学OK(1回1ヶ月程度)
  • 採用は受け入れチームが自由にやる
  • 人柄、ポテンシャル採用(その上でスペシャルな人がベスト)
  • キャリアマトリクスによる価値観の評価

<カルチャー面>

  • 価値観を高いところで共有するための週次クレドミーティング
  • 自分を語る「夢プレゼンテーション」
  • 父の日母の日には全員の両親にプレゼントを贈る
  • 新メンバー採用時には、その両親に花と手紙をプレゼント
  • ボーナスは家族孝行に
  • 給料日には、全員で感謝の手紙を書いて交換
  • 誕生日は盛大に
  • 組織的な定期的断捨離
  • 起業、副業を推奨(起業しても社内に残れます)
  • 半期に一度の全体合宿

 

もう色々ツッコミどころありすぎる内容です。。。笑

いくつかチョイスしてみると

まず、しょっぱなの「明文化した理念がない」ってとこ。

 

なんですか?理念がない会社って。笑

聞いたことないですよね。

でもこれで会社を回してるらしいです。

 

他にも

「肩書きは自分で決める」

なんてのは本当にすごいですよね!

 

なんかかっこいい

「エグゼクティブマネージャー」

みたいな中二のような役職もつけ放題です。笑

 

そして一番注目しなきゃいけないのは

「社長、役員は毎年選挙で決める」

ってとこでしょうね。

 

ここが一番ホラクラシー型のすごいところだと思ってまして

裏を返せば、次の年自分が社長になれるチャンスがあるってことです。

これって本当にすごくないですか??

 

もちろん、このブログ記事には

実際にやってみて、気づいたことも書いてありますので

リンクを貼っておきますので見てみてください。

 

実際にやったことがある人にしかわからない

リアルな声が書いてあります。

http://kozotakei.tumblr.com/post/119519082572/%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%BC%E5%9E%8B%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%81%A78%E5%B9%B4%E7%B5%8C%E5%96%B6%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F

 

まとめ

 

今回はホラクラシー型経営について調べてみました。

今の時代”ノマドワーカー”のように

場所を選ばないで仕事ができる時代になってきました。

 

会社の形はこうだっ!っていう

既成概念をぶち壊す新しい形の会社。

そんな会社が新しい働き方を生んでいくのかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です