親は100%間違っている!20代や学生の常識を覆す長倉顕太さんの考え方が面白い!

どうも!

兄のカツです。

 

今日は僕が以前から大好きな

プロデューサー兼作家の長倉顕太さんの

ご紹介をしたいと思います。

 

自分の考え方をゴリッゴリッに

打ち崩してくれる人ですし、

20代の人や学生は必ず為になる話だと思うので

ぜひ文末まで読んでくれたらうれしいです!

長倉顕太さんって??

1104nagakura

フリーパブリッシャー
マーケティングコンサルタント。

ベストセラー作家から上場企業まで手がける。著者に『親は100%間違っている』(光文社)、『超一流の二流をめざせ!』(サンマーク出版)など多数。1973年東京生まれ、学習院大学卒。大学卒業後、歌舞伎町で働き、その後、ギャンブルをやるために渡米。帰国後はフリーターなどを経て、28歳のときに出版社に拾われ、編集者としてベストセラーを連発。その後、10年間で手がけた書籍は1000万部以上に。現在は独立し、コンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)のプロデュースおよび、これらを活用したマーケティングを個人や企業にコンサルティング。

無名新人をプロデュースし、ベストセラー著者に導く手腕は高く評価されている。3万部でもベストセラーと言われる出版不況の中で、半分以上の書籍を5万部以上にしてきた。また、コンテンツを活用した個人や企業へのブランディングにも定評がある。尊敬する人は音楽プロデューサーのリック・ルービン。音楽をこよなく愛し、パンク、ロック、ヒップホップ、ジャズなどクラシック以外の音楽なら何でも聴く。また、好きな作家はチャールズ・ブコウスキー、JGバラード、リチャード・ドーキンス、阿佐田哲也。また、個人の情報発信が自由への近道ということで、自らのインディーズ的な活動としては、電子書籍作家としても毎月のペースで出版中。

初めて名前を聞いたという方も

いるかもしれません。

 

長倉顕太さんは

出版のプロデューサーでもあり、

個人でも本や電子書籍を書いたりなど

もされています。

 

この人の何が面白いのというと

『常識を覆すような考え方』です。

どんなことを発信されているのか。

少しだけ説明させていただきますね!

親は100%間違っている!

book1

★1000万部プロデューサーが明かす「日本のタブー」

本書は出版業界で、1000万部以上の本をプロデュースし、現在は、
上場企業のコンサルティング、上場企業の社長のプロデュース、ベストセラー著者のプロデュースなどを行う長倉顕太による2作目。凡人のための人生戦略、世界値一残酷な成功法則、ついて書いた一作目の『超一流の二流をめざせ! 』(サンマーク出版)に続く2作目の本書では、誰も言い出せなかった「親」を「否定」という、「日本人のタブー」に真っ正面から切り込む!

多くの人が、「親」「家族」「学校」「社会」などによって創られた、歪んだ価値観で生き、「自分の人生を生きれずに苦しんでいる」という現実を指摘。

長倉さんのリアル本第二弾。

『親は100%間違っている』。。。

これだけでも相当な衝撃ですねw

 

何を伝えたいのか引用すると、

日本という豊かな国に生まれていながら、多くの人が思い悩んでいる原因は、自分では無意識なのに、社会が押し付けてくる価値観、親からの価値観でどっぷり浸かって生きているから、何か物足りなかったり、自分の目指すほうに行けなかったり。

親の価値観に洗脳されているわけだから、自分がやりたいことを見つけても、親の価値観に合ってなければ、モチベーションが上がらなかったり、悶々と生きることになり、自分に自信が持てなかったり、心が病んだり。

だから、私は断言するわけ。「親は間違ってる」と。

親の価値観は20年以上前の価値観であり、インターネットすらない時代の価値観だ。

もちろん、だからといって親を否定するわけでなく、一度、親は間違ってるという考えを持ち、ゼロベースにしてから自分の「世界観」を構築してほしい。

親の時代と、

自分の生きている時代は全く違うわけ。

 

だから、別に親を否定しろというのではなく、

親の価値観きら抜け出し、

その上で親を認めたければ認めればいい。

という考え方なんですね。

これだけでもすっごく面白くないですか?

 

他にも、電子書籍には

・『吾輩はクソである。』

・『21世紀の借金論〜お金を借りればパラダイス〜』

・『勃起力 「潜在意識」を発動させる連続性報酬プログラム』

・『ゲロが止まらない ギブギブギブ経済時代の「情報資産家」としての生き方』

などなど。。

本の題名だけで興味をそそるような

本がたくさんあります(笑)

興味のある人はこちらからどうぞ

 

結構テーマからして過激のように思いますけど

この人の本の内容や考え方って

就活だったり、転職だったり

悩みの多い学生や20代だからこそ

とても大切な気がするんですよね。。。

長倉顕太さんの考え方を吸収して、今のしがらみから抜け出そう。

学生や若いからこその悩みって

誰にでもあると思うんです。

 

僕も親の期待だったり、

やりたいことと現実の間で

もがいていた時期がありました。

 

そんな時にこの人の考え方を知って

「そんなことに悩まなくてもいいんだ」

って気づけたり、考え方の幅が広がったり

したわけです。

 

ある意味僕を救ってくれた

本でもあるんですよね。

だから、もし今の人生に不満があったり

悩んでいるのなら

 

長倉顕太さんの本を読んで

一度自分の人生を考えてみる時間を

作ってみるといいと思います!

 

『親は100%間違っている』

間違いなく買って

損のない一冊だと思うので、

刺激が欲しい人は是非読んでみてください!

最高の一冊ですよ!!

 

こちらもおすすめです!

長倉顕太リアル本デビュー作

『超一流の二流を目指せ!』

考え方を広げて

自分の人生をよりよくしていきましょう!!

2 件のコメント

  • 毎回楽しく読ませて頂いています。
    本の題名がとてもキャッチーなものばかりですね。とても興味を持ちました!読んでみます!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です